11/16~18 都市計画学会第一回全国大会

こんにちは。M2谷川です。

11月16日から18日にかけて都市計画学会第一回全国大会(第53回学術研究論文発表会を含む)が開催されました。

研究室からは、M2谷川が査読付き論文発表会、同じくM2の三輪が都市計画報告会で発表しました。


1日目のエクスカーションでは、船の上から「水の都」大阪の文化を肌で感じてきました。また、その後のパネルディスカッションでは、まちを活性化するために都市計画や法律の柔軟性が求められていると強く感じました。

2日目、3日目は論文発表、報告会でした。研究題目はこちらです。

谷川陸「昭和初期の京都都市計画風致地区における眺望に基づく行為許可と行政指導 -現状変更許可申請書(昭和6-8年)にみる京都府の風致行政-」
三輪潤平「戦災復興都市計画における河川沿い緑地計画に関する研究」


発表の内容を質疑で補いきれず、少し悔いが残りましたが、今後この反省を活かしていこうと思います。
※三輪さんの写真は、シンポジウムの関係で撮ることが出来ませんでした。すみません!

私は最初の査読論文発表、三輪さんも最初の論文発表会ということで、研究者としてやっと一歩を踏み出したという気持ちです。今回いただいた意見や質問をしっかり受け止め、修論提出に向けてさらにギアを上げていきたいと思います。

最後に、ご指導頂いた先生方、ご協力頂いた関係者のみなさまに感謝の意を表して終わりにします。ありがとうございました。

M2谷川陸

11/10 岐阜大関西大京都大合同研究会

初めまして。M1の平松です。

11月10日に開催されました岐阜大関西大京都大合同研究会についてお知らせいたします。

例年岐阜大学の出村研と合同研究会を行っておりますが、今年はそれに関西大学の林研が加わりました。

中間発表ということで、岐阜大からM1 1名、B4 3名、関西大からB4 1名、京大からM2 4名の計10名の学生が研究の進捗状況を発表しました。

プログラムは以下の通りです。

 

発表の様子です。

 

石山元気(M2)
官民連携都市公園事業の実態と課題の把握

 

章国煜(M2)
アメリカにおける道路空間再編に関する研究

 

高林萌(M2)
滋賀県山間地域における水利用を中心とした文化的景観に関する研究

 

谷川陸(M2)
戦前期の京都都市計画風致地区における行為許可と行政指導

 

三輪潤平(M2)
戦災復興都市計画における河川沿い緑地計画とその理論の形成過程に関する研究

 

岐阜大の出村先生、関西大の林先生をはじめとする先生方から多くの的確なご指摘をいただきました。
今後の研究に向けて大きな糧となりそうです。
来年修論の執筆を控える私も、非常に刺激を受けました。

 

研究会後は、デザイン室にて懇親会(1次会)が行われました。

普段なかなかお会いすることのできない他大の先生方、学生とお話することができ、とても貴重な会となりました。

山口先生による中締めの挨拶

 

その後、希望者は河原町で2次会を行い、楽しい夜を過ごしたようです。

 

今回発表がなかったB4も含め、締め切りまであと少しとなりました。
最後まで粘り強く頑張ってください!

 

M1 平松宏基

08/10-13 2018年度夏季WS

今年度も夏季WSを開催しました。

今年度のWSの課題は実際の事業に即した
―近江八幡市「安寧のまちづくり事業『静かな水辺で暮らす』」国有地を含む水辺の再整備―
という内容で行われました。

1日目は現地見学を行うとともに、山口先生から「デザインの組み立て方」という題でレクチャーを頂きました。
近江八幡市の旧吉田邸で、近江八幡市政策推進課の方から近江八幡市の整備計画についてお話を頂いた後、山口先生から課題に対するレファレンスを交えてデザインの流れのレクチャーをしていただきました。
WSに参加するB4と一緒に、M1も同行しレクチャーを拝聴いたしました。

その後、ラコリーナ近江八幡の整備の仕方や来場者の様子、西の湖の自然環境や周辺の生活など対象地周辺を巡り、対象地では周囲の風景などを確かめながら各自イメージを膨らませていました。

2日目以降は研究室で各自作業を行っていきました。周辺の歴史や環境の情報収集、課題の発見とコンセプトの設定、コンセプトに応じた形・プログラムの設計といった各作業ごとに進捗状況を発表してもらい、M1を中心とした学生メンバーでエスキスをしながらそれぞれの案をブラッシュアップしていました。
山口先生のレクチャーを参考にしながら、各自得意なところに力を入れて、独自の案を練り上げており、M1もいい刺激を受けることができました。

最終日には山口先生、中島さん、村上さん、大川さん、阿部さんが来ていただき、パワーポイントを用いて、コンセプトや図面、パースを見せながらそれぞれの考えや強みを伝えていました。
発表の仕方やパワーポイントの作り方、デザイン案など様々なところにそれぞれの個性が現れていて、非常に面白い発表ばかりでした。

質疑では鋭い指摘や質問を頂き、発表者も聞いていた学生メンバーも非常に勉強になりました。来場者の人数や年齢層、周辺環境や施設との関わり方、形の持つ意味など様々な観点から、ストーリーを立ててデザインを進めていく重要性を教えていただきました。

最後になりましたが、2018年度WSに来ていただいたOBOGの皆様、現地見学でご協力いただいた近江八幡市の皆様、貴重なお時間頂きまして本当にありがとうございました!

(田中)