研究室NEWS

10/14 伊庭の石積み発掘!WS

今日(10/14)は、伊庭(東近江市)に、石積みの掘り起こしにやってきました。
今後の景観保全管理の仕組みづくりを考える上で、石積みと環境学習をどうやって組み合わせるかが課題となっています。今回はその準備作業として、市の文化財課、都市計画課さんとともに、土に埋まって見えなくなっている石積みの調査、復元を行います。

 

PENK1138
現地にやってきました。土砂がたまり、水路の半分くらいが埋まっています。

 

石積み
この水路の左側のコンクリートも5,6年前までは空石積みでした(山口、2010年撮影)。
こうした歴史的な石積み景観をどう維持するのか、大きな課題です。

 

PENK1183
石積みの天端が見えます。土砂がたまり草が茂っています。試掘しつつ、石がきちんと積まれていることを確かめながら、いざ掘らん!

 

PENK1184
「大変そう・・・」

 

PENK1225
まずは、草を刈ります!!刈って刈って刈りまくります。

 

PENK1340
次は掘って掘って掘りまくります!水は豊富に流れています。

 

PENK1515
2時間ばかり掘り続けて、石積みが見えてきました!! 土砂は2トントラック1杯分は軽くいきました。

 

PENK1536
さらに掘り続けます!上で土を受けてトラックに運ぶのもツライ!

 

PENK1780

みんなの頑張りで、大分みえてきました!!イケスの跡らしきものもみえます。ここは漁師さんのご自宅の石積みで、昔はイケスの中に鯉(食用)を放していたようです。

 

PENK1819
5mほどの長さで昔の(江戸後期〜明治はじめあたり?の)石積みが姿をあらわしました!やったぞ!
今日はここまで。お疲れ様でした!
(撮影:阿部)

9/22 久保田先生 Atridaさん 三輪さん送別会

こんにちは、M1の阿部です。

9月22日、

久保田先生とAtridaさん、三輪さんの送別会を開きました。

久保田先生は今年の10月から富山大学の教授に就任されます。

Atridaさんは今年の8月に博士号を取得され、故郷のインドネシアにご家族とともに戻られます。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

三輪さんはこれから一年間アメリカのヒューストンに留学です。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

久保田先生は長い間京大で熱心に指導してくださり、在校生、卒業生含めお世話になった方は沢山おられると思います。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

Atridaさんは研究室に来られると、それだけで雰囲気が明るくなるような存在でした。

 

そんなお二人ともが旅立っていかれるのは、とても寂しいのですが

研究者としてこれまで以上にご活躍されることと思います。

長い間本当にありがとうございました。

 

三輪さんは一年間海外に行かれるということで、今まで以上に頼れる三輪さんになって研究室を引っ張りに帰ってきてくださると思います。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA写真 2016-09-27 13 31 18

帰りを楽しみに待ってます!

 

アティさんから先生方にインドネシアの掛け軸のプレゼントです。

キラキラしていてとても綺麗です。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERAOLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

久保田先生には学生から名前入りのボールペンをプレゼントしました。

写真 2016-09-27 13 31 13OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

とても楽しい送別会でした。

久保田先生、Atridaさん、三輪さん、お元気で!

遠くはなりますが、これからもどうぞよろしくお願いします。

ありがとうございました!

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

5/30 IHIインフラシステム見学会

初めましてB4寺島です.

先日,株式会社IHIインフラシステム堺工場の見学会がありました.

参加者は,久保田先生,三輪さん,水野(裕)さん,ジュリアンさん,石山君,谷川君,章君,吉武君,寺島でした.

まず向かったのは堺駅から徒歩すぐの大浜公園.

入り口からとても立派な公園で敷地もなかなか広く,平日の昼に行ったからか閑散としていました.

 

この公園の歴史についても先生に教えていただき,今の課題なども話し合いました.

公園自体はとても居心地が良いのですが高速道路に囲まれていて騒音があったのが少し残念.

 

 

 

DSC08536

工場近くの大浜公園

 

公園を通り抜けるといよいよIHIの工場が見えてきました.

 

DSC08541

株式会社IHIインフラシステム 堺工場 入口

作業着に着替えていざ工場の中へ.

IHIインフラシステムでは主に橋の製造を行っている会社だということで,実際に橋を作っているほとんどの工程を見学させていただきました.

平面の鋼を一つ一つの部材の形に切り取り,それを溶接.徐々に大きく立体的になっていく工程はとても迫力があり感動しました.

 

 

この日は曇りだったため厚さはそこまで気になりませんでしたが,真夏になると作業着を聞いて働くのがとても大変なのだと聞きました.

社員さんたちの靴は,足を守るための特殊な鉄板が埋め込まれているそうでそれも熱くなる原因の一つだとか.

 

DSC08549

箱桁

今回の見学会では,橋桁一つをとっても本当にたくさんの設計者やエンジニアの思いが詰まっていることを知ることができました.

今後は町を歩いているときもいろんな構造物を観察していこうと思います.

 

寺島 健