川とともに暮らす—亀岡2070

山口です。流域空間デザイン研究会の活動の一環としての「川とともに暮らす 亀岡2070 ワークショップ」の成果報告会を、「かめおか霧の芸術祭」と連携して、2月23日(火・祝)に開催しました。第2部では市長をゲストにお招きし、亀岡のこれからの未来について議論を深めるオンラインシンポジウムを行いました。当日Youtubeで配信されましたが、現在もアーカイブとして動画を視聴いただけます。是非ご覧ください。

ワークショップの経過や発表内容(スライド)はHPでもご確認いただけます。
https://kameoka2070.com/

 本企画の主催者である流域空間デザイン研究会は「複合的土地利用の概念とジオデザインを用いた流域空間計画手法の開発」(科研費,代表:武田史朗教授)を研究課題として、総合治水と都市デザインとを融合した「流域空間計画」のプロセスモデルの開発を進めています。研究プロジェクト初年度となる2020年度は、亀岡をフィールドに市民参加型でのワークショップを開催いたしました。

 本ワークショップは、気候変動・人口減少という大きな変化を経て、なお魅力的であり続ける未来の亀岡の姿を描くために行いました。国内外において、地球規模の気候変動を見据え、流域全体で水を受け止める新しい治水方式への転換が進められつつあります。水を積極的に受け止めながら、まちを安全かつ魅力的にするまちづくりや都市開発が海外では活発化しています。

 これからますます激化する豪雨の予測のなか、亀岡が長期的に持続可能で、魅力的であり続けるためにどのような可能性があるのか。 本ワークショップでは、亀岡市役所の若手職員がファシリテータをつとめ、市民や市内外の学生から参加者を募り、アイデアを出し合いました。 ワークショップの経緯などについて詳細は、下記のH Pでご覧いただくこともできます。 https://kameoka2070.com/

動画のコンテンツ
○WS趣旨 イントロ・ムービー(制作 OPUS DESIGN)
○第一部 各班成果発表(司会: 大野智彦・金沢大)
 ズートピアへの道(1班 谷口さん)
 現代版「村」を目指したまちづくり(2班 栗林さん)
 ハーモニー亀岡〜川とつながり川でつなぐ〜(3班 湯浅さん、八木さん)
 未来のトトロ(4班 深川さん)
 地域文化と遊びごころを育む水辺のデザイン(5班 赤池さん、並河さん)
○第二部 総合ディスカッション
 登壇者:
  桂川孝裕氏(亀岡市長)
  仲山徳音氏(Fogin,前亀岡副市長)
  並河杏奈氏(Fogin)
 コーディネート:
  武田史朗(立命館大)
  山口敬太(京都大)

主催:流域空間デザイン研究会(立命館大学・京都大学・金沢大学共同研究PJ)
後援:亀岡市、かめおか霧の芸術祭実行委員会
協力:⼀般社団法⼈Fogin、立命館大学歴史都市防災研究所

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください