2月21日,修士論文公聴会

2013年2月21日,川崎研究室修士2年の先輩方の修士論文公聴会が行われました.

修士課程での研究の集大成です.

 

沢 一馬 『琵琶湖沿岸水郷の文化的景観に関する研究』

 

中内 和 『下北沢の商業系街路空間と地域社会の動態的持続性に関する研究』

 

森田 遼 『ねじりに着目した曲線橋の構造形態の体系化』

 

修士論文を,15分という短時間でまとめるのに皆さん苦労されていましたが,

本番では,分かりやすく堂々とした発表をされていました.

来年以降も,先輩方に負けないような発表をしたいものですね.

 

発表終了後,満面の笑みを浮かべるお三方

 

沢さん,中内さん,森田さん,修士論文本当にお疲れ様でした.

 

(八尾修司)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">