木津川河岸のデザインコンペ

研究室のOBである岩瀬諒子さんが,木津川遊歩空間(松島橋から大渉橋左岸)のデザインコンペで
最優秀を獲得されました! 今後,本案をもとに実施設計が進められるということです.

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

(追記2)architecturephotoに記事が掲載されています.

http://architecturephoto.net/jp/2013/02/post_3674.html

 

http://www.pref.osaka.jp/bunka/enokojima/enokojima.html

プレゼンの様子もみられます.
00:45:00〜
http://www.ustream.tv/recorded/28953802

研究室現役チームも応募し,見事敗れましたが,今後の展開が楽しみです!

(追記1)
ケンプラッツのサイトにも紹介されていました。
http://kenplatz.nikkeibp.co.jp/article/const/news/20130215/603169/

一部、転載します。
—-
岩瀬氏の提案は、この地が江戸時代に「材木浜」と呼ばれ物流の要所だった歴史に立脚し、往時の職住連帯的なコミュニケーションの場の再生を狙う試みだ。具体的には、河岸を“浜辺”と見立てたうえでひな段状の緑地帯やベンチなどを構築。これらを「川辺の“だんだんばたけ”」と位置付けて、新たな親水空間の創出を掲げている。

最優秀デザインの決定後、府は12年度中に実施設計の作業に着手。2月上旬時点で、13年度予算案に「木津川遊歩道整備」の項目として1億3500万円を盛り込んでいる。「予算案が認められれば、13年度中に着工したい」(文化課の担当者)。14年度以降は予算確保の状況にもよるが、15年度の完成を目指したい考えだ。
—-
ログインしてみれば、パースや図面等もみられます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">