未分類

9/11-14 東大合同研究会 in長野

こんにちは。M2の田中です。

毎年恒例となった東京大学地域デザイン研との合同研究会が9/11-14で開催されました。今年は長野善光寺でヒアリングと研究会を行ったのち、研究室で長野-群馬の視察旅行に行ってきましたので、その様子をご報告いたします。

京大からの参加者は山口先生、谷川さん、河北、平松、田中、青木、吉野でした。11日は京都駅から新幹線に乗り、随時合流しながら名古屋経由で12時過ぎに長野駅に到着しました。

初日は善光寺でリノベを進めているキーパーソンであるナノグラフィカの増沢さん、マイルームの倉石さんにヒアリングをさせて頂きました。どういう姿勢でリノベやまちづくり活動をされているかなど、とても興味深いお話をたくさん聞かせて頂きました。

倉石さんに空き家を案内して頂いたり、東大の皆さんと町歩きをしたり、とても有意義な時間でした。

二日目は朝から研究会議を行いました。今年は試行的に研究発表とは別に、学生同士のディスカッションが導入されました。研究テーマに合わせて4人ずつ2グループに分かれて、それぞれの研究を議論の種にしてディスカッションを進めてくれていました。

初日の夜と二日目の昼の二回にわけて、東大の皆さんと食事をしながら交流する機会があり、研究の話から雑談まで、色々な話に花を咲かせることができました。

その後、東大の皆さんとは解散し、私たちはレンタカーで視察旅行に向かいました。

視察旅行初日は小布施堂の視察から、渋温泉。地面の起伏から舗装まで、こだわりが見えていました。

渋温泉では9代目による、旅館の歴史や意匠についてのツアーに参加。

視察旅行二日目は飯山小菅の里→草津温泉。小菅の里では地元の方に水利用についてご説明いただきながら案内して頂きました。

その後標高2000m以上の志賀高原を峠越えし、群馬県は草津温泉に。

最終日は小諸→軽井沢→甘楽町。

小諸では駅前の停車場ガーデンを中心にまちの色々なところにガーデニングの要素を見ることができました。停車場ガーデン内カフェの施設長の中小路さんにお話を聞かせて頂きました。

軽井沢星野エリアのハルニレテラスに立ち寄った後、甘楽町の水路を視察し、高崎駅から帰路につきました。

今年の合同研究会議・視察旅行では、研究についてご意見をいただけたとともに、多くの方にヒアリングさせて頂き、様々なお話を行くことが出来ました。特に自分のまちに対しての思いを伺うことが出来、とても貴重な体験ができました。

視察旅行でも、関西で調査している地域とはまた違った特徴なども見てとれ、とても充実した4日間でした。

今回の合同研究会議にあたって運営、アポイント、事前の資料共有などして頂いた東大地域デザイン研究室の皆様、ヒアリングさせて頂いた皆様、ありがとうございました。

(M2 田中 椋)

7/6-7 Pratt(NY)×KU WS

こんにちは。M2の田中です。

7/6にニューヨークのPratt InstituteのMartinスタジオと1-dayワークショップを行いました。また、翌7日の京都バス旅にも同行させてもらいました。

Pratt InstituteからはJONATHAN MARTIN先生とスタッフ2名、学生11名の計14名に来て頂き、川崎研からは山口先生、谷川(D1)、田中(M2)、吉武(M2)、吉野(M1)、渡邊(M1)、辛(M1)、張(M1)、劉(研究生)が参加しました。

今回のワークショップテーマは「Design the Future of East Kujo」というもので、両校の交流を行うとともに、京都駅南東に位置する空地の多いエリアをいかに活性化するかという課題設定のもと共同でアウトプットを作成することを目的に行われました。

それでは以下、プログラムに沿ってご紹介します。

まず、午前中は五条に集合し、山口先生のご案内のもと、Pratt Instituteの方々と川崎研学生数名で高瀬川に沿って街歩きを行いました(残りの川崎研学生は会場準備をしてくれました)。

高瀬川、鴨川、宮川町、あじき路地、先斗町、TIME’Sなどを練り歩き、最後はがんこ二条苑さんの庭園(元角倉了以別邸)を見学させていただきました。1時間を予定していた街歩きですが、あじき路地ではオーナーの方のご厚意で店の中まで見せていただいたり、じっくりスケッチをして、たっぷり2時間歩き、ゆっくりと交流することができました。

先斗町
がんこ二条苑庭園

昼食をとった後(私はがんこで頂きました。美味しかったです。)、ワークショップ会場である京都市下京いきいき市民活動センターにて、山口先生とMartin先生の方からワークショップの目的、対象地の概要について、ご説明いただきました。

その後Pratt Institute学生2-3名と川崎研学生2-3名ずつ、計4チームにわかれ、現地見学を行いました。現地には高瀬川を始め、多少親水性のある公園、共同浴場、劇場、桜並木、文化交流施設など ポテンシャルがあるものの、やはり空地が多く、うまく活かされていないように見受けられました。

しかしそれでもNYの学生たちとアイデアを出しながら、時にはそのアイデアの斬新さに驚かされながら、現地調査を進めていきました。

会場に戻り、中間発表として各チームコンセプトを発表し合った後、最終発表に向けて、実現の仕方やプログラム、全体のストーリー、制度づくりについて、具体的に作り込んでいきました。

最終発表では、各チーム手書きの地図やパースを揃え、独自のアプローチで発表を行いました。実際の作業時間は現地調査を含めて4時間ほどの短時間でしたが、各チーム十分に密度の高い内容になっているように感じました。

ワークショップ後の集合写真

ワークショップ後は、崇仁新町で打ち上げ。

翌7/7にはPratt Istitute のみなさんの京都バスツアーに田中、吉野、張の三人が参加させて頂き、NYのみんなと一日京都を満喫してきました。朝から清水寺、金閣寺、龍安寺を回って京都駅に戻るというルートで、各スポットゆっくり時間をとって、自由に見て回っていました。

龍安寺石庭

みんながそれぞれのスケッチブックを持ち歩いており、各スポットで2-3枚スケッチし、最後に京都駅の屋上テラスで見せ合い、それぞれ他の人が描いたスケッチの好きなところをコメントしていました。もちろん私達も参加しており、絵を描くのが苦手な私には少し憂鬱な時間帯でした。ですが、みんなのスケッチを見て、非常に個性的な見方がスケッチに現れていて、写真とは違うスケッチの魅力に改めて気づくことができました。

1日あるいは2日という短い時間の交流でしたが、みんなと仲良くなることができ、普段と違うアプローチでの捉え方にも触れることができ、また改めて京都という場所に向き合うことができて、とても刺激的なワークショップでした。最後になりましたが、このワークショップの機会を作っていただいたMartin先生、山口先生、ありがとうございました。また、ワークショップに際してお世話になりましたあじき路地、がんこ二条苑、京都下京いきいき市民活動センターのみなさま、ありがとうございました。

M2 田中

6/8 第59回土木計画学研究発表会

M1の吉野です。

6月8,9日に名城大学(名古屋)にて土木計画学研究発表会(春大会)が行われました。
2日合わせて190編の口頭発表と96編のポスター発表が行われ、多岐にわたる分野の充実した研究、議論にふれることができました。

研究室からは吉野がポスター発表で参加させていただきました。
研究の論点をポスター上で簡潔明瞭にまとめ、短い発表時間の中で伝えきる難しさを強く実感しました。
また伝え方の試行錯誤を通して、改めて自分の研究内容を掘り込む機会にもなりました。

期間中、多くの方が足を止めて研究について質問をしてくださり、実務に携わる方とも議論をすることができたのはとても勉強になりました。
質疑応答で頂いた意見を踏まえ、内容を精査・充実させて論文を仕上げたいと思います。

発表に向けご指導くださった先生方、ご協力いただいた関係者の皆様、誠にありがとうございました。


(名城大学ナゴヤドーム前キャンパス。手書きのような曲線が印象的でした。この曲線はキャンパス内のいたるところでモチーフとして使われていました。)

吉野