8/20 夏季1dayWS 京都駅南東エリア

こんにちは。M1の渡邊です。

8/20に1-dayワークショップを行いました。

今回のワークショップでは京都駅南東に位置する空地の多いエリアをいかに活性化するかという課題設定で行いました。実は7/6に行ったWSがとても有意義なものとなったことから参加していない人を主な対象として同じ内容で行っています。また前回参加したメンバーについては、対象エリアの中心を通る道路である須原通りに着目して提案を行いました。

山口先生、谷川(D1)、田中(M2)、河北(M2)、平松(M2)、新井(M1)、渡邊(M1)、辛(M1)、関(B4)、萩原(B4)、田中(B4)、梁(B4)が参加しました。

まず、朝から京都駅に集合し高瀬川に沿って街歩きをしました。あいにくの雨の中でしたが、歩きつつ雨宿りをしながら山口先生が案内してくださいました。街歩きを通じて空き地が多くうまく使いこなされていない印象を受けましたが、今年6/22にオープンしたばかりの「THEATRE E9 KYOTO」や2023年の芸大移転予定地など、将来に向けた活性化の兆しも同時に感じることができました。

その後、ワークショップ会場である研究室に戻り街歩きを通じて感じたことや活性化のアイデアを共有しました。

昼食をとったあと、2チームに分かれてコンセプトや街で行うプログラムについて具体的に話し合いました。また前回参加したメンバーは須原通に特化して考えを進め、道路の規制や他事例について調べることから始めました。

中間発表として各チームコンセプトを発表した後は、各々の着目した空き地について作り込んでいきました。

最終発表では、一人ずつ手書きのパースやイメージ図を揃えて発表しました。初めて一人で提案を行う4回生達も、しっかりと対象地を理解した上で斬新な提案を行っていてとても心強く感じました。

WS後は研究室にて打ち上げ。

今回のWSを通じて多くのことを勉強させてもらい、ありがとうございました。

M1 渡邊奈々恵

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください