11/16~18 都市計画学会第一回全国大会

こんにちは。M2谷川です。

11月16日から18日にかけて都市計画学会第一回全国大会(第53回学術研究論文発表会を含む)が開催されました。

研究室からは、M2谷川が査読付き論文発表会、同じくM2の三輪が都市計画報告会で発表しました。


1日目のエクスカーションでは、船の上から「水の都」大阪の文化を肌で感じてきました。また、その後のパネルディスカッションでは、まちを活性化するために都市計画や法律の柔軟性が求められていると強く感じました。

2日目、3日目は論文発表、報告会でした。研究題目はこちらです。

谷川陸「昭和初期の京都都市計画風致地区における眺望に基づく行為許可と行政指導 -現状変更許可申請書(昭和6-8年)にみる京都府の風致行政-」
三輪潤平「戦災復興都市計画における河川沿い緑地計画に関する研究」


発表の内容を質疑で補いきれず、少し悔いが残りましたが、今後この反省を活かしていこうと思います。
※三輪さんの写真は、シンポジウムの関係で撮ることが出来ませんでした。すみません!

私は最初の査読論文発表、三輪さんも最初の論文発表会ということで、研究者としてやっと一歩を踏み出したという気持ちです。今回いただいた意見や質問をしっかり受け止め、修論提出に向けてさらにギアを上げていきたいと思います。

最後に、ご指導頂いた先生方、ご協力頂いた関係者のみなさまに感謝の意を表して終わりにします。ありがとうございました。

M2谷川陸

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です