2/9 卒論公聴会

2月9日金曜日に卒業論文の公聴会が行われました。

4回生3人の発表が行われ、その集大成を発表しました。

 

田中椋「明治-昭和期の随筆にみる京都の風物に関する研究」

 

渡邊雄平「城崎温泉における北但馬地震からの復興計画とその実施過程」

 

河北咲良「鴨川公園葵地区再整備における空間設計の提案」

 

今年度は河北さんが卒業設計を行い、田中くんと渡邊くんが論文発表を行いました。

それぞれ個性的かつ興味深いテーマで、堂々と発表していました。

 

一年間の研究を論文にまとめ発表する工程は大変ですが、その分だけ終わった時に大きな達成感が得られると思います。

修正期間も最後まで粘り強くがんばってください。発表おつかれさまでした!

 

 

M1谷川陸

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です