2/16修論公聴会

2月16日(木)、川崎研修士2年の先輩方の修士論文公聴会が行われました。

修士課程二年間の集大成です。

水野裕介「施工プロセスを反映した橋梁構造形態の体系化」

IMG_7448[1]

 

水野剛志「京都府和束町釜塚・原山地区における茶生産景観の特質:近代の茶業経営の展開過程に着目して」

IMG_7454[1]

 

川崎誠登「明治・大正期の電気軌道敷設による都市形成の特色」

IMG_7462[1]

 

皆さん熱意のこもった素晴らしい発表でした。

修論本当にお疲れ様でした、残りの春休みを楽しんでください!

(阿部まり)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です