10/14 伊庭の石積み発掘!WS

今日(10/14)は、伊庭(東近江市)に、石積みの掘り起こしにやってきました。
今後の景観保全管理の仕組みづくりを考える上で、石積みと環境学習をどうやって組み合わせるかが課題となっています。今回はその準備作業として、市の文化財課、都市計画課さんとともに、土に埋まって見えなくなっている石積みの調査、復元を行います。

 

PENK1138
現地にやってきました。土砂がたまり、水路の半分くらいが埋まっています。

 

石積み
この水路の左側のコンクリートも5,6年前までは空石積みでした(山口、2010年撮影)。
こうした歴史的な石積み景観をどう維持するのか、大きな課題です。

 

PENK1183
石積みの天端が見えます。土砂がたまり草が茂っています。試掘しつつ、石がきちんと積まれていることを確かめながら、いざ掘らん!

 

PENK1184
「大変そう・・・」

 

PENK1225
まずは、草を刈ります!!刈って刈って刈りまくります。

 

PENK1340
次は掘って掘って掘りまくります!水は豊富に流れています。

 

PENK1515
2時間ばかり掘り続けて、石積みが見えてきました!! 土砂は2トントラック1杯分は軽くいきました。

 

PENK1536
さらに掘り続けます!上で土を受けてトラックに運ぶのもツライ!

 

PENK1780

みんなの頑張りで、大分みえてきました!!イケスの跡らしきものもみえます。ここは漁師さんのご自宅の石積みで、昔はイケスの中に鯉(食用)を放していたようです。

 

PENK1819
5mほどの長さで昔の(江戸後期〜明治はじめあたり?の)石積みが姿をあらわしました!やったぞ!
今日はここまで。お疲れ様でした!
(撮影:阿部)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です