5/28,29 公共政策デザインコンペ@北海道大学

M1の木下です。

 

土木計画学研究委員会主催の公共政策デザインコンペの発表大会が北海道で行われ、
木下、阿部、朱、水野(剛)の4人が発表しました。

Image_a679c68

スライド発表を行う木下

「城下町再生計画」というタイトルで、地域の資源を活かし、「昔盛んであった商業のにぎわいを現代に復活させる」というテーマで、大和郡山市の旧城下町ににぎわいを取り戻す提案をしました。

 

ポスタープレゼンテーションにおける参加者による投票と、審査員の方々による審査の結果、見事「土木計画学委員会賞」を受賞することができました。

Image_b1e5bde

審査結果の様子

Image_6a01d02

受賞の喜びのコメントをする木下

 

 

講評やポスタープレゼンテーションでいただいたご意見では、事業スキームに実現性があり、具体例もよく考えられているといった点を評価していただきました。

大和郡山市は現在、研究室のプロジェクトとしても取り組んでいる場所であり、今回のコンペの提案を活かしていきたいと考えています。

 

発表後には、コンペに参加していた他の大学の方々と懇親会があり、親睦を深めることができました。

また今後も会えるといいですね。

 

みなさんお疲れ様でした!

Image_221d020

ポスターの前で記念撮影

 

木下 優貴

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です