10月30日,2011 第3回 京都大学・岐阜大学 合同卒業研究中間発表会

10月30日、岐阜大学の地域システム計画研究室と合同卒業研究中間発表会を行いました。

 

今回が3度目の合同発表会、出村先生をはじめ、去年も来ていた岐阜大の学生の方々とも再会を果たしました。

再会の喜びもつかの間、緊張感に包まれた会場の中、修士課程の学生から発表が始まりました。

その後、少しの休憩を挟んで、学部生の卒業研究の発表が行われました。

発表の進行をとりまとめる山口先生

日々の研究成果を発表するM2高山さん

わかりやすく理路整然と発表する、岐阜大学B4大井さん

実験模型を使用しながら発表するB4村野君

修士課程の学生の人達は短い時間でリサーチの深い成果を発表をしているものの、先生方からは鋭い指摘がなされていました。学部生も皆勤勉で、日頃の成果を一生懸命に発表しておりました。

今年は去年に比べて発表時間が少なく、莫大な量の研究内容の中、どのようにプレゼンテーションするか、ということを学部生、修士生含めて、かなり苦心されていたように思います。

しかし、発表テーマにもよりますが、その短い時間に発表が設定された分、研究の筋道が先まで立てられている人ほどわかりやすく明快な発表をしていたように感じられました。

 

夜は懇親会がとりおこなわれ、研究や修勝の話、何気ない日々のことを語らい、交流を深めました。

とても楽しかったのでつい写真をとることを忘れてしまいましたが・・・

なかなか会う機会のない学生達でお互いの研究のことや普段の学生生活の悩みを話すのは新鮮な経験だと思います。

 

研究のヒントは、議論はもちろんのこと、普段の何気ない会話から得られる場合も多々あります。

何気ない会話から大真面目な議論まで、活発にコミュニケーションをとっていきたいですね。

私自身も論文生の方々からたくさんのことを吸収しながら謙虚に頑張っていきたいと思います。

(大川)

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">